スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエを考えるはじめの一歩「民家園=住宅展示場?」

自分達のイエを考え始める時、まず最初に住宅展示場を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
展示場ではあの手この手のイベントを組んで、楽しみながら各住宅メーカーへ足を運んでもらおうと一生懸命です。
さて、住宅展示場の住まいとは異なる、昔の住まいが展示されているのが民家園。
東京近郊に結構あるんですよ。代表的な民家園は、東京都小金井市の江戸東京たてもの園、川崎市多摩区の日本民家園、横浜市中区の三渓園・・・
一歩足を踏み入れるとタイムスリップした感になります。時代を感じて今の生活とは異なる間取りだったりして、住宅展示場のように参考にならないと思うでしょう。
でもちょっと、ぼんやりとしてみてください。風や光の入り方、空間を感じると、住宅展示場にはない住まいづくりの創造力が広がるような気がしませんか?・・・・・
DSC04515.jpg
写真は江戸東京たてもの園の前川 國男邸 (1942年)
(東京土建 設計者の会 投稿記事)
なかの一級建築士事務所
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。