スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞いたことありますか?インスペクション?

ご自宅の点検の場合、掛かり付けのお医者さんのように工事をおこなった地元の工務店へ相談する事ができたのですが、住まいを取得する方法が多様化したことで、掛かり付けがいなかったりする場合がほとんど。

住まいのインスペクションを一言で説明すると「建物状況調査」や「住宅診断」になるでしょう。
自宅の点検、中古住宅物件購入時等・・・、住まいの状態を把握しておきたいという時があります。
建物に熟知した専門家が、非破壊を前提にした住まいの調査をおこない依頼者へ報告します。
工事会社や売主に代わって、第三者の立場で住まいの点検をおこない報告することが意味のあるインスペクションになるでしょう。
インスペクションは、工事会社や売主寄りではない第三者の立場が重要です。そして調査した担当者から直接、点検の内容を聞けるかも大切な点です。
依頼する時、確かめてみましょう。
小屋裏
屋根裏
床下
床下

(東京土建 設計者の会 投稿記事)
なかの一級建築士事務所
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。